• 武田圭史 監訳. (2001). ネットワーク侵入解析ガイド―侵入検知のためのトラフィック解析法, Intrusion Signatures and Analysis (S.Northcutt M.Fearnow K.Frederick and M.Cooper, Trans.). Pearson Education. (Original work published 2001)
  • 武田圭史, 磯崎宏. (2000). ネットワーク侵入検知, ソフトバンクパブリッシング.
  • 武田圭史. (1997). Java プログラミングハンドブック2, – Java使いの友. ソフトバンクパブリッシング.
  • 武田圭史. (1996). Java プログラミングハンドブック- Java使いへの道. ソフトバンクパブリッシング.
  • 武田圭史 (2007). 多様なネットワーク環境における情報セキュリティ, システム/制御/情報. システム制御情報学会. No.51 Vo.4, pp. 158-163.
  • 武田圭史. Nicolas Christin, Davar Pishva (2007). 情報セキュリティに関する近年の新たな取り組みについて. 知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌19(3). セキュリティとトラスト特集号, p.p. 200-208.
  • Keiji Takeda and Yoshiyasu Takefuji (2001). Pakemon – A Rule-based Network Intrusion Detection System, International Journal of Knowledge-Based Intelligent Engineering Systems, 5(4), p.p. 240-245.
  • 武田圭史 (2001). 侵入検知システムに関する研究. 情報処理. Vol.42 No.12 Dec.2001, ,pp.1169-1174.
  • Davar Pishva and Keiji Takeda. (2008). Product-Based Security Model for Smart Home Appliance, IEEE Aerospace and Electronic Systems Magazine, October 2008.
  • Simhalu Sriperumbuduru Kandala, Keiji Takeda (2007). Browser-Based Agile e-Voting System. 12th Annual Asian Computing Science Conferences (ASIAN) .
  • Hiroki Hisamitsu and Keiji Takeda (2007). The Security Analysis of e-voting in Japan, First Conference on E-Voting and Identity. Bochum(Germany), October.
  • 久光弘記, 武田圭史 (2007). 現行電子投票システムの選挙への適用に関する安全性分析. CSS2007(Computer Security Symposium 2007)
  • Davar Pishva, Naoshi Kitamura, Seiji Tsugawa, and Keiji Takeda (2007). An Initiative to Improve the State of Information Security at Local Governments in Japan, IEEE International Carnahan Conference on Security Technology.
  • Davar Pishva, Keiji Takeda (2006). A Product Based Security Model for Smart Home Appliances. IEEE International Carnahan Conference on Security Technology
  • 武田圭史, Nicolas Christin , 新山剛司,三和宏 (2006). 匿名P2Pファイル共有ネットワークにおける漏洩情報の拡散とその抑止. CSS2006 (Computer Security Symposium 2006).
  • Keiji Takeda (2005). The Application of Bioinformatics to Network Intrusion Detection. IEEE International Carnahan Conference on Security Technology.
  • Yuma Kurogome. PANDEMONIUM: Automated Identification of Cryptographic Algorithms using Dynamic Binary Instrumentation and Fuzzy Hashing. CODE BLUE 2015. Tokyo, Japan.
  • 黒米祐馬,武田圭史.仮想マシンモニタにおけるテイント伝搬を用いた不正プログラムのステルス解析.マルウェア対策研究人材育成ワークショップ2014(MWS 2014).北海道,日本.
  • 黒米祐馬,武田圭史.異なる解析環境を組み合わせたステルス性の高い動的バイナリ計装によるマルウェアの通信解析.
    マルウェア対策研究人材育成ワークショップ2015(MWS 2015).長崎,日本.
  • 情報処理学会第79回全国大会にて研究発表(2017)
    小林怜央『誤入力の傾向を考慮した Levenshtein 距離による、柔軟なパスワード認証システム』
    野間口圭 『Adversarial Examplesによる,FaceNetの意図的誤認識』
    幅野莞佑『ネットワークセキュリティ管理のためのネットワーク可視化システムの実装』